お知らせ

東本願寺

2019年春の法要
東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

お知らせ

2019年1月23日更新

【3月1日必着】2019年親鸞聖人御誕生会(音楽法要)研修会を開催します

 1961(昭和36)年の親鸞聖人七百回御遠忌の際、近代音楽で、だれでも参加できる音楽法要をという願いのもと、作曲家・松下眞一氏によって『音楽法要』が制作されました。そして、1962年から今日にいたるまで毎年4月1日に勤められ、2008年4月からは親鸞聖人御誕生会(音楽法要)として、真宗大谷派合唱連盟を中心に、約1万人の方々によって歌われ続けてきました。
 宗祖のお誕生をお祝いするということは、私たちが宗祖の教えに出遇える身として誕生したことを喜ぶことにほかなりません。お念仏は私が私であることの宣言であり、私たち一人ひとりの誕生の意義を確かめ合うものです。
 声高らかに「なむあみだぶつ」の合唱をともに歌いましょう。

【期  間】 2019年3月30日(土)13時30分~4月1日(月)15時30分

【会  場】 真宗本廟(東本願寺)御影堂、しんらん交流館、研修道場

【法 要 曲】 音楽法要(作曲:松下眞一氏)

【参 加 費】 12,000円(当日、受付にてご納入ください)

【募集人数】 100名※定員になり次第、締め切りますのでご了承ください。

【参加条件】 2泊3日の全日程に参加(遅刻・早退は特別な事由がない限り認めません)

【講  師】 真宗の学習:橘 信生氏(真宗大谷派教学研究所所長)
       指   揮:崖  超氏(能登教区第7組浄明寺候補衆徒)
       発 声 指 導:大志万明子氏
       伴   奏:魯あす香氏
       ティンパニ:髙藤摩紀氏(名古屋音楽大学准教授)
【テキスト】 『音楽法要』4部編曲版(緑色の楽譜)
       ※ 楽譜(500円)、パート別練習CD(500円)は
         青少幼年センターにありますので事前に購入
         の上、各自練習してください。
       ※正信偈は真読にてお勤めいたします。
       ※法要時は暗譜(譜面を持たないこと)となります。
【持 ち 物】 テキスト(緑色の楽譜)、念珠(腕輪念珠不可)、勤行本、筆記用具、
       印鑑、健康保険証、タオル、パジャマ、着替え、洗面用具、常備薬、
       防寒具、靴下、音楽法要時の服装(下記参照)、
       その他宿泊に必要と思われるもの。
       ※靴下は防寒用として厚手のものをご用意ください。
【音楽法要時の服装】
       ・【男性】黒か紺のスーツ、白のカッターシャツ、ネクタイ、黒か紺の靴下
        【女性】黒か紺のスーツ(パンツスーツ可)、白ブラウス、黒タイツ
       ・僧籍のある方は、間衣・輪袈裟を依用し、念珠をお持ちください(必須)。
       ・僧籍のない方は、略肩衣を依用し、念珠をお持ちください(必須)。
       ・装飾品等はお控えください。
【旅費補助】 JR最寄り駅から京都駅間の片道運賃(特急料+普通運賃)を支給します。
       なお、普通運賃は、12歳未満は子供運賃(半額)、学生は
       学割運賃(2割引)、片道 600㎞以上は往復割引運賃(1割引)
       を適用します。
【申込方法】 別紙申込書に必要事項を記入し、最寄の教務所に提出の上、
       青少幼年センターまでお申し込みください
       (申込書は青少幼年センターおよび各教務所にあります)。
【申込締切】 2019年3月1日(金)青少幼年センター必着
【そ の 他】   研修会に必要な持ち物や、音楽法要時の服装についての詳細は、
        お申し込みいただいた方に別途お知らせします。
【お問い合わせ】 〒600–8164 京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199 
         しんらん交流館内
         真宗大谷派 青少幼年センター(音楽法要係)
         TEL:075-354-3440 FAX:075-351-9599 
         E-mail : oyc@higashihonganji.or.jp

お知らせ一覧