お知らせ

東本願寺

門首継承式・報恩講
人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

お知らせ

2020年9月25日更新

2020年度「子ども報恩講のつどい」について

2020年度「子ども報恩講のつどい」

~真宗本廟に思いを馳せ、はなれていても一緒に報恩講~

 子ども報恩講のつどいは、青少幼年が宗祖親鸞聖人や真宗本廟に触れるご縁となること、また家族そろって報恩講にお参りしていただく機縁となることを願い、毎年11月23日に真宗本廟で開催しています。

 しかし、2020年御正忌中の「子ども報恩講のつどい」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、子どもや保護者の方々の安心・安全を確保することが困難なため、集い型の「子ども報恩講」は中止せざるを得ません。

 一方、毎年11月23日は「子ども報恩講のつどい」の日として参加を楽しみにしている子どもたちも多く、一堂に会する型ではない「子ども報恩講」を何とか実現できないかと青少幼年スタッフ(子ども報恩講のつどいプロジェクト)で企画・検討してきました。

 今年は、集うことはできない子どもたちに「親鸞聖人」、「真宗本廟」、「報恩講」等の思いを各地から馳せてもらうことを願い、全国の子どもたちから顔写真と一言メッセージを送付いただき、写真で参拝する「子ども報恩講のつどい」を企画します。



1 内  容  (1) お申込みいただく方には、顔写真(縦、横5cm程度、データ可、
            顔写真は一人ずつの写真)とメッセージ(親鸞聖人、東本願寺、
            報恩講に向けた一言メッセージ 20文字程度)を送付していただき、
            スタッフが作成した境内シートに顔写真を貼り、境内シートを
            造合廊下に報恩講期間中掲示し、「子ども報恩講のつどい」を表現
            します。
        (2) お申込みいただいた方には、12 月下旬頃「東本願寺からのおてが
            み」や、「顔写真入りのオリジナル缶バッチ」、
            その他特別なプレゼント・・・・・・・・をお届けします。

2 定  員   170名(先着順) ※子ども会等団体での申し込みは1団体10名以内

3 参加対象   12歳までのお子さま

4 申込期間   2020年11月2日(月)から13日(金)まで ※定員に達次第終了
         (受付時間午前9時00分~午後5時00分)

5 申込方法  (1) 電話にて青少幼年センター(075-354-3440)へ
            申し込みください。
            (所属寺、代表者氏名、連絡先、参加人数等をお知らせください)
        (2) 申込後、顔写真及びメッセージを下記アドレス宛にデータにて
            青少幼年センターへ送信ください。
             《送信アドレス:oyc@higashihonganji.or.jp》

※写真、メッセージは直接青少幼年センターへ郵送いただいても結構です。
※写真は記念品の缶バッチ作成に使用しますので、一人ずつの顔写真が望ましいです。
 提供頂きました写真データ及び写真は返却いたしませんのでご承知おきください。


              【主   催】 真宗大谷派青少幼年センター
               〒600-8164 京都市下京区上柳町199 しんらん交流館内

お知らせ一覧