お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
 親鸞聖人讃仰講演会 LIVE配信
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

お知らせ

2016年1月8日更新

【1月13日~28日】報道写真家 大瀬二郎写真展を開催します

しんらん交流館において、「報道写真家 大瀬二郎写真展」を開催します。
写真展、ワークショップともに無料です!是非、ご来館ください。

<会  場>しんらん交流館1階交流ギャラリー
<期  間>2016年1月13日~28日
<時  間>9時~19時 ※土日祝は9時~17時
<開催趣旨>
過去5年間だけで15の紛争が勃発し、暴力や地球温暖化による食料危機によって家を追われた人の数は2014年時で過去最多の5950万人にのぼる。このような難民の人びとが直面している厳しい現実を前に言葉を失いつつも、カメラのレンズを通してその現実を伝えることによって、わずかでも彼らの生活環境の改善に貢献できればと、大瀬氏はシャッターを押し続ける。

「この実情は、私たちにとって理解し難い遠い国での出来事に過ぎないのだろうか? グロ‐バリゼーションが急速に進み既に定着し始めた今、紛争地から掘り出される希少金属や宝石、石油や熱帯堅木などが、携帯電話やファッションアクセサリー、家具や車や火力発電などに使われ、工業国の消費社会の日常生活に入り組み溶け込んでいる。必ずといっていいほど日本の車や工業製品に使われている鉱物、それは紛争地で掘り出されたものかもしれない。私達の平穏な社会に関係がないと知らぬふりをしていても、自らが直接関わっていると否定できない事実」と大瀬氏は語る。

「自己がわからない人は他人を責める。自己がわかった人は他人を痛む(安田理深)」。

難民の人びとがどのように生きているのかを知ることによって、はじめて私たち自身の生活につないでいくことができる、そのことを考えるきっかけとなる展示となることを願い開催します。

<ワークショップ>
1月13日(水)14時頃、大瀬二郎さんに来館いただき、写真展の解説をしていただきます。是非ご来館ください。

<講演会 報道写真家 大瀬二郎氏 講演会>
しんらん交流館の西にある京都教務所では、大瀬二郎さんの講演会が行われます。
日 時 1月14日(木) 18時~20時
場 所 真宗大谷派 京都教務所2階大講堂 (しんらん交流館前の花屋町通から東へ)
電 話 075-351-5260

⇒浄土真宗ドットインフォはこちら

 

お知らせ一覧