活動報告

お知らせ

【修学旅行で真宗本廟(東本願寺)を訪れる皆さんへ】

世界最大級の木造建築・御影堂 (ごえいどう)

世界最大級の木造建築・御影堂 (ごえいどう)

 東本願寺は下記時間内であれば、境内(御影堂内も含む)を自由にご参拝いただけます。

 

【3月~10月】 午前5時50分~午後5時30分

(ただし、御影堂内は午後5時まで)

【11月~2月】 午前6時20分~午後4時30分

(ただし、御影堂内は午後4時まで)

※法要・行事により変更になることがございます。

 

 

● <2017年春 期間限定> 修学旅行生参拝案内所開設のお知らせ【参加無料】 ●

 

堂内での案内の様子

堂内での案内の様子

 

 下記のとおり、修学旅行で真宗本廟(東本願寺)にお越しいただく学生さんを対象に、真宗大谷派僧侶が東本願寺をご案内いたします。是非この機会に東本願寺にお参りください。

 

[期   間] 2017年5月8日(月)~6月9日(金)の間の平日のみ

 

[所要時間] 約15分~30分(滞在時間に応じてご案内いたします)

 

[内   容] 世界最大級の木造建築・御影堂や阿弥陀堂を真宗大谷派僧侶がご案内。仏教や親鸞聖人についてのお話をお聞きいただくと共に東本願寺の歴史をご紹介します。

 

[受付時間] 午前8時30分~午後3時45分

        (先着順にご案内するため、お待ちいただく場合がございます)

 

[受付場所] 境内「修学旅行生参拝案内所」

 

[問合わせ] 真宗大谷派 青少幼年センター

(電話:075-354-3440 E-mail:oyc@higashihonganji.or.jp

 

 

● 上記期間外も東本願寺スタンプラリー実施中!【参加無料】 ●

スタンプラリー

東本願寺の境内各所を巡るスタンプラリーを毎日実施しています。

スタンプがそろえば東本願寺キャラクターグッズをプレゼントします。

[受付時間] 午前9時~午後4時

[受付場所] 境内総合案内所もしくは参拝接待所にてスタンプラリーの台紙をお受け取りください。

[問合わせ] 真宗大谷派宗務所本廟部 参拝接待所

        (電話:075-371-9210)

 

● 毎日午前7時から朝のお勤めと法話があります。【参拝自由】 ●

晨朝(朝のお勤め)の他にも法話をお聞きいただける機会が毎日いくつかございます。

是非お参りください。

詳しくは、http://www.higashihonganji.or.jp/sermon/howa/

 

● 東本願寺の飛地境内地(別邸)渉成園(しょうせいえん)枳殻邸(きこくてい))のご案内●

国の名勝にも指定されている東本願寺の庭園『渉成園』参観をお勧めします!

東本願寺から徒歩5分・京都駅から徒歩10分

※庭園維持寄付金500円以上→高校生以下は250円以上で入園ください。

「京都修学旅行パスポート」提示で、東本願寺キャラクターグッズを差し上げます!

詳しくは、http://www.higashihonganji.or.jp/worship/shoseien/

   [問合わせ] 真宗大谷派宗務所本廟部 参拝接待所

          (電話:075-371-9210)

2016年度 絵本100冊プレゼント ~絵本でつながるお寺と子ども~

 青少幼年センターでは、お寺が子どもたちとの「つながりの場」になることを願い「絵本100冊プレゼント」を2002年度から毎年実施しております。是非ご応募いただき、絵本をきっかけとした子ども会や幼児広場など、お寺での青少幼年教化につなげていただければ幸いです。

 皆さまからのご応募お待ちしております。(詳細は下記PDFファイルをご覧ください)

 

【2016年度絵本100冊プレゼント募集要項PDF】

 

【2016年度絵本100冊プレゼント応募用紙PDF】

【9/1参加申込開始】真宗本廟両堂等御修復完了記念「子ども報恩講のつどい」

2016年 御正忌報恩講
真宗本廟両堂等御修復完了記念
 

「子ども報恩講のつどい」

テーマ:はじめての報恩講 -東本願寺で子ども会-

2016年度子ども報恩講のつどい 
  

 真宗本廟(東本願寺)御正忌報恩講中に行われる12歳までのお子さまを対象としたつどいです。
 世界最大級の木造建築・御影堂において、親鸞聖人の御真影の前で「正信偈」のお勤めをし、精進カレーライスのお斎をいただき、お話を聞きます。お芝居やゲームなどの楽しい催しもあります。
 本年は真宗本廟両堂等の御修復が完了したことを記念して、お話やお芝居を通して、無数の人々の願いがかけられた両堂再建の歴史や御修復完了に思いを馳せ、今を生きる子どもたちと共に「生まれた意義と生きる喜び」を確かめるつどいとして計画しております。(詳細は 2016年度子ども報恩講のつどいチラシ をご覧ください)
 ご家族やご友人等お誘いあわせの上、ぜひお参りください。

 
【日  時】 2016年11月23日(水・祝)11:30集合 16:00解散
【会  場】 御影堂・阿弥陀堂・同朋会館
【お  話】 太田浩史氏(高岡教区第3組大福寺住職)
【参 加 費】 500円(精進カレーのお斎、記念品つき)
【定  員】 200名
【参加対象】 12歳までのお子さま、保護者・引率者
       ※乳幼児の方のご参加については、必ず保護者同伴でお願いします。
【申込期間】 2016年9月1日(木)~11月11日(金)
       (ただし、定員になり次第締め切らせていただきます)
【申込方法】 青少幼年センターまで直接お申込ください。
         仮予約の後、「参加申込書」をご提出いただきます。
         電 話 075‐354‐3440
         FAX 075-351-9599
         メール oyc@higashihonganji.or.jp
【持 参 品】 念珠
【留意事項】 ・当日の受付場所は、同朋会館玄関になります。
          ・集合後すぐ御影堂でのお勤めとなりますので、集合時間厳守でお願いしま
          す。
         ・乳幼児については、保育室がありませんので保護者同伴でお願いします。
          (授乳室あり)

2015年度 絵本100冊プレゼント ~絵本でつながるお寺と子ども~

 青少幼年センターでは、お寺が子どもたちとの「つながりの場」になることを願い「絵本100冊プレゼント」を2002年度から毎年実施しております。是非ご応募いただき、絵本をきっかけとした子ども会や幼児広場など、お寺での青少幼年教化につなげていただければ幸いです。

 皆さまからのご応募お待ちしております。(詳細は下記PDFファイルをご覧ください)

2015年度絵本100冊プレゼントチラシ

 

【2015年度絵本100冊プレゼント募集要項PDF】

 

【2015年度絵本100冊プレゼント応募用紙PDF】

【速報】 第4回東本願寺文庫幼児広場を開催しました!

IMG_4059


 「しんらん交流館」東本願寺文庫絵本コーナーにおいて、第4回東本願寺文庫〈幼児広場〉を10月8日(木)10:30〜12:00開催しました。

 今回は、京都市子ども文庫連絡会の岡田典子さん(京都南この本だいすきの会代表)にご担当いただき、3組の親子の方にご参加いただきました。中には、「しんらん交流館」のポスターを見て、おばあちゃん、お母さんと3人でご参加いただいたお子さんもいらっしゃいました。

 

【プログラム】

<「すみれの間」 お内仏にて>

☆『(さん)帰依(きえ)(もん)』のおつとめ。(お念珠をもってみんなで手を合わせました。)
 

<「絵本コーナー」にて>

  まずは、子どもとの座り方や絵本の読み方のお話がありました。岡田さんからは、子どもがウロチョロしても追いかけないで、お母さんがそこに待っていることが大切だとのアドヴァイスがありました。

 

 続いては手遊びで、親子のコミュニケーションをはかりました。

 

  ○     「くるくる トントン」(手遊び)

 

  ○     「あなたのお名前は?」(手遊び)

…お母さんになると「○○ちゃんのお母さん」と呼ばれることが多くなりますが、お母さんになっても自分を大切にして欲しいので、お母さんの名前もしっかり呼び合うことも大切と、親子それぞれのお名前をみんなで呼び合って、参加者同士の交流もはかられました。

 

 続いて、絵本の読み聞かせ

  • 『もこ もこもこ』(絵本)
  • 『まるてん いろてん』(絵本)
  • 『だっだぁ~』(絵本)

 

親子でそれぞれの温もりを感じます。

親子でそれぞれの温もりを感じます。

 子どもとのスキンシップをはかりながらの童歌や絵本、

  ○     「ぬくぬくいい気持ち」(歌)

  ○     「ポップコーン」(歌)

  • 『くっついた』(絵本)

  ○     「いちじくにんじん」(歌)

 

  • 『だるまさんが』(絵本)

  ○     「にらめっこしましょ」(歌)

  • 『おふねっがぎっちらこ』(絵本)

  ○     「この子どこの子カッチン」(歌)

  ○     「ことりことり」(歌)

  ○     「こりゃどこのじぞうさん」(歌)

  • 『ふうた さかなつり』(絵本)
  • 『いちにのさんぽ』(絵本)

  ○     「おにぎり おにぎり」(歌)

  ○     「さんぽにいこう」(歌)

  ○     「さよなら あんころもち」(歌)

 

身体を動かしながらの童歌

身体を動かしながらのわらべうた

 

 親子でのスキンシップをはかりながらの絵本や歌で、親子のスキンシップの大切さや楽しさを感じた今回の幼児広場でした。岡田さんからは、スマートフォンのゲームや読み聞かせのアプリまである今日の状況ですが、子どもの言葉が育つためには、お母さんの「生の声」で絵本を読むことの大切さが語られました。

 

<最後に「すみれの間」お内仏にて>

☆ひとりひとり念珠を手に持って阿弥陀さまに手を合わせました。

⇒ 東本願寺文庫幼児広場では、はじめてご参加のお子様に腕輪念珠をプレゼントしています。はじめてでもお気軽に足をお運びください。

 

 

 その後、お母さん同士、岡田さんを交えながら、子育てのことなど、絵本コーナーでおしゃべりする姿がありました。

 

 ぜひ、皆さんのお寺でも親子のふれあいの場を開いてみませんか?

 

(協力:京都市子ども文庫連絡会)

次回の開催は、11月12日(木)10:30~12:00です!

2015.11.12-幼児広場チラシ

どなたでもご参加いただけます。ご近所・お知り合いの方々お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

 

<しんらん交流館 東本願寺文庫絵本コーナーのご案内>

京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199

開館時間:平日9:00~19:00/土日祝:9:00~17:00

どなたでもご自由にご利用いただけます。

また、絵本・児童書・紙芝居は貸し出しを行っております。どうぞご利用ください。

   ※ 貸し出しには会員カードの作成(要身分証明書・作成手数料100円)が必要です。

   ※ 授乳室完備

   問い合わせ:真宗大谷派 青少幼年センター TEL:075-354-3440

 

【速報】 第3回東本願寺文庫幼児広場を開催しました!

 「しんらん交流館」東本願寺文庫絵本コーナーにおいて、第3回東本願寺文庫〈幼児広場〉を9月10日(木)10:30〜12:00開催しました。

ご担当いただいた鈴木美和さん

ご担当いただいた鈴木美和さん

 
 今回は、京都市子ども文庫連絡会・鈴木美和さんによる一時間半でした。

 

【プログラム】

「すみれの間」お内仏にて

 ☆『(さん)帰依(きえ)(もん)』のおつとめ。(お念珠をもってみんなで手を合わせました。)

「絵本コーナー」にて 

 ☆指人形を使って皆さんにごあいさつ。「こんにちは」とみんなで言えました。

 ☆絵本『のりものつみき』穴のあいている仕掛け絵本。

    『おつきさまこんばんは』お月さまのお顔に子どもたちも興味津々!

お月さまこんばんは

おつきさまこんばんは

 

   『ぽっかりつきがでましたら』お月さまが隠れると、とてもさみしそうな表情を見せてくれた子どもたち。

    『おやすみなさい』(紹介のみ)

お月さまを眺める子どもたち

お月さまを眺める子どもたち

 
 ☆黒幕にお月さまを浮かばせて・・・・

  「十五夜さんの餅つき」を歌いながら親子で手遊びをしました。

 ☆絵本『くだもの』美味しそうなくだものに、子どもたちもつばをごっくん?!「はい、どうぞ」と食べるしぐさを楽しみました。

 ☆「ころころたまご」ひよこさんと、にわとりさんの手人形で遊びました。

 ☆お母さん方へ。詩の朗読『TODAY/今日』子育てをがんばっているお母さん方へのメッセージ。

 ☆「げんこつ山のたぬきさん」定番手遊び歌。みんな、じゃんけんはできるかな?

    ⇒ 手作りの、たぬきのでんでん太鼓が出てきて・・・※後ほど工作しました

たぬきのでんでん太鼓登場!!

たぬきのでんでん太鼓登場!!

 

 ☆絵本『ぽんぽんポコポコ』『だんごころころ』『おいしいね おいしいよ』

  さいごは「さよならあんころもち」でお行儀よく、さようなら!

 

最後にもう一度「すみれの間」お内仏にて

 ☆お念珠をもって手を合わせました。

 ☆お念珠・ふうせん・シール・リーフレットなどの記念品、次回の幼児広場のチラシ、11月23日(月・祝)に開催される「子ども報恩講」のチラシをお渡ししました。

 

 一度解散したあと、再び絵本コーナーにて「たぬきのでんでん太鼓」を作りました。

 材料は、うちわ・ペットボトルのふた・たこ糸・色紙・カラーペン。

工作をしながら、ご家族同士の会話も弾んで、和やかな交流のひと時です。

工作をしながら、ご家族同士の会話も弾んで、和やかな交流のひと時です。

 

 今日の参加者は5家族(子ども7名)の12名でした。鈴木さんの優しい語り口と笑顔の対応で、子どもたちも安心したのか集中して絵本を見ていました。子育ては、時には孤独を感じたり戸惑ったり疲れたりします。そういう時こそ日常を少し離れてたくさんの人と触れ合い、絵本や手遊びで子どもと密に接することがお母さんたちの心の栄養になるのかもしれません。ぜひ、家事や仕事を離れてお子さんとゆっくり過ごす時間を楽しんでいただきたいと思います。またお母さんだけではなく、お父さん・おじいちゃん・おばあちゃんなど、いろんな方のご参加もお待ちしております!

(協力:京都市子ども文庫連絡会)

(文:真宗大谷派青少幼年センター研究員 松下蓮)

 

次回の開催は10月8日(木)10:30〜12:00です。

2015.10.08-幼児広場チラシ

ご近所・お知り合いの方々お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

 

<しんらん交流館 東本願寺文庫絵本コーナーのご案内>

京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199

開館時間:平日9:00~19:00/土日祝:9:00~17:00

どなたでもご自由にご利用いただけます。

また、絵本・児童書・紙芝居は貸し出しを行っております。どうぞご利用ください。

   ※ 貸し出しには会員カードの作成(要身分証明書・作成手数料100円)が必要です。

   ※ 授乳室完備

   問い合わせ:真宗大谷派 青少幼年センター TEL:075-354-3440

 

【速報】 第2回東本願寺文庫幼児広場を開催しました!

しんらん交流館 東本願寺文庫絵本コーナーにおいて第2回〈幼児広場〉を8月20日(木)10:30〜12:00開催しました!!

今回は、村田美登里さん(絵本の読み語り・子育てと絵本のお話/京わらべうたの会「優女(やしょめ)」講師)による1時間半でした。

【プログラム】 

「すみれの間」お内仏にて

☆『三帰依文(パーリー文)』のお勤め。(お念珠をもってみんなで手を合わせました。

「絵本コーナー」にて 

「おすわりやす いすどっせ」でスキンシップ!

「おすわりやす いすどっせ」でスキンシップ!

☆まず、子どもたちを膝にのせ、「おすわりやす いすどっせ」を歌いながらスキンシップ。緊張をほぐします。

☆絵本『はじめまして』を歌いながら読んでいただき、続きで子どもたちの自己紹介。

   『ごぼごぼごぼごぼ』穴があいている仕掛け絵本。

   『じゃあじゃあびりびり』子どもたちと遊びながら読みます。

☆村田さんからお母さん方へのメッセージ

「絵本はぜひ声を出して読んであげてください。小さい子は集中せずうろうろすることがありますが、それでも子どもさんの耳にはしっかり届いています」

☆子どもたちが少しぐずってきたので・・・

 わらべうた「おふね ぎっちらこ」「優女(やしょめ)」「このこかわいさ」「江戸の子守唄」を歌い、少し落ち着きました

☆絵本『トマトさん』

☆わらべうた「あたごさんにまいって」「かごかごじゅうろくもん」

☆絵本『ちょっとだけ』

☆わらべうた「丸竹夷」「寺御幸」京の通り名歌。

「日本昔ばなし」「ゆりかごのうた」「いんでこ大文字」

☆紙芝居『あなからみえるよ』みんな興味津々!紙芝居の周りに集まってきました。

紙芝居を楽しむ子どもたち

紙芝居を楽しむ子どもたち

 

最後にもう一度「すみれの間」お内仏にて

☆お念珠をもって手を合わせました。

☆お念珠・ふうせん・シール・リーフレットなどの記念品、11月23日(月・祝)に開催される「子ども報恩講」のチラシをお渡ししました。

 

前回と同じく大雨のあとで、来てくださるかどうか心配でしたが、5組の親子11名が来てくださいました。村田さんの優しい声での読み聞かせやわらべうたでゆっくりと時間が流れていったように思います。0才から3歳児くらいまでの子どもたちも、自由に歩き回ったり絵本を触ったり、また3人ぐらいでお互いに円座になって目を見合わせたり、和やかな雰囲気の幼児広場となりました。

 

次回の開催は9月10日(木)10:30〜12:00です。

お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

ぜひ、ご参加ください♪

ぜひ、ご参加ください♪

<しんらん交流館 東本願寺文庫絵本コーナーのご案内>

京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199

開館時間:平日9:00~19:00/土日祝:9:00~17:00

どなたでもご自由にご利用いただけます。

また、絵本・児童書・紙芝居は貸し出しを行っております。どうぞご利用ください。

   ※ 貸し出しには会員カードの作成(要身分証明書・作成手数料100円)が必要です。

   ※ 授乳室完備

 

問い合わせ:真宗大谷派 青少幼年センター TEL:075-354-3440

 

【速報】 東本願寺文庫 幼児広場を開催しました!

【00】表題用

真宗教化センター「しんらん交流館」が7月1日にオープン!

絵本コーナーにおいて初めての〈幼児広場〉が7月8日(木)10:30〜12:00開催されました。


【プログラム】 

「すみれの間」お内仏にて

 

まずは皆さんと阿弥陀さまに手を合わせます。

まずは皆さんと阿弥陀さまに手を合わせます。

 
☆『(さん)帰依(きえ)(もん)』のおつとめ。(お念珠をもってみんなで手を合わせました。)

☆青少幼年センター部長(安田)より はじめましてのごあいさつ

 

「絵本コーナー」にて

手遊びで緊張をほぐします。

手遊びで緊張をほぐします。

  
  ☆市庫連 角谷さんのごあいさつ

  ☆おなまえよび 9にんのおともだちとそのお母さんがきてくれました。

  ☆てあそび 「たまごたまご」・・・きりんさんやぞうさん、きょうりゅうさんがでてきましたよ

  ☆おはなし  『ぴょ~ん』・・・みんなでぴょ~ん!しました。

         『だっだぁー』・・・いろんなおかおになりました。

         (お母さん方へ:赤ちゃん本の紹介)

  ☆わらべうた 「おすわりやすいすどっせ」・・・最後はおかあさんのすべりだい!

         「あたごさんにまいって」・・・お顔をなぞってあたごさんに行けたかな?

  ☆ふれあいあそび 「あおむしのさんぽ」・・・5本指の時は逃げ出すお友達も・・!

           「くっついた」・・・お母さんとくっついてみんなうれしそう!

                             「ぞうきんのうた」・・・畳にゴロゴロして雑巾になって、なでなでしてもらいました。

  ☆お母さん方へおはなし 『あまがさ』やしまたろう

 

絵本の読み聞かせは、親子で楽しめます♪

絵本の読み聞かせは、親子で楽しめます♪

 

歌を歌いながら親子で身体を動かします。

歌を歌いながら親子で身体を動かします。


最後にもう一度「すみれの間」お内仏にて

  ☆お念珠をもって手を合わせました。

  ☆お念珠・ふうせん・シールなどの記念品をお渡ししました。

一度解散してのち、時間のある方でジャンベづくりをしました。

紙コップ・リボン・ガムテープ・マスキングテープを使って簡単工作!

とってもおしゃれなジャンベができました。

ミニジャンベ(アフリカンドラム)作り。音の出る楽しいおもちゃの完成です!

ミニジャンベ(アフリカンドラム)作り。音の出る楽しいおもちゃの完成です!

 

前日が大雨で、またはじめての開催でもありましたので、子どもたち来てくれるかなぁとすこし心配もありましたが、9名もきてくださって、本当にうれしかったです。市庫連の皆様には大変よくしてくださり、感謝しております。今後とも、いろんな人が出会い、交流する場として幼児広場を続けていきたいと思いますので、会員の皆様もぜひ遊びに来てください!お待ちしております。

次回は8月20日(木)10:30〜12:00です!

 

 【浄土真宗ドットインフォでも紹介されています!】 http://jodo-shinshu.info/2015/07/09/1770/

2014年度 児童教化教区代表者協議会開催!!

 

 2015年4月21日から22日にかけて、「ひとりからはじめるために‐組・教区・連区・本山のつながりを確かめる‐」をテーマに2014年度児童教化教区代表者協議会が名古屋別院及び名古屋教務所を会場に行われました。この協議会は、各教区の児童教化部門代表者、教区児童教化連盟代表者、教務所事務担当者が参加対象となっており、さらに大谷派児童教化連盟役員や青少幼年センター専門職・職員を含め、今回は90名を超える参加となりました。

 

 この協議会は、各教区における児童教化活動の実態や動きから、宗門として共有すべき課題や取り組みを見い出し、組・教区・連区・青少幼年センター、児童教化連盟それぞれの役割を明確にし、その役割を果たすべく、今後の宗門における児童教化の方向性を考えていく場として開催しているものです。

 

 初日は、木越渉青少幼年センター長、東谷智名古屋教務所長、加藤久晴大谷派児童教化連盟委員長の挨拶、松田亜世青少幼年センター主幹による開催趣旨説明や全体での自己紹介に続いて、四衢亮青少幼年センター幹事より、現在の宗門の児童教化の現状を捉えつつ、この協議会を経て各教区の具体的動きにつながるようにと問題提起がなされました。その後、各連区にわかれての連区分科会が行われ、各教区の現状を再確認しながら、一ヵ寺につながる教区の具体的取り組みを念頭に活発な議論がもたれました。

四衢亮青少幼年センター幹事からの問題提起

四衢亮青少幼年センター幹事からの問題提起

 

東北連区分科会

東北連区分科会

北陸連区分科会

北陸連区分科会

東海連区分科会

東海連区分科会

近畿連区分科会

近畿連区分科会

九州連区分科会

九州連区分科会

 日程2日目は、初日の話し合いを踏まえ、各教区にわかれての教区分科会が行われ、教区に戻っての具体的動きを考える「教区検討シート」の作成を行い、そのシートをもとにした各教区発表が行われました。

 

朝食はでらボラNAGOYAの方々に竹パンとポトフを振舞っていただきました。

朝食は「でらボラNAGOYA」の方々に竹パンとポトフを振舞っていただきました。

 

各教区検討シートを作成する参加者

各教区検討シートを作成する参加者

 

 2日間を通して、参加者それぞれが私一人の児童教化について考え、各教区における一つ一つの寺院・教会を現場とした児童教化へのサポート体制確立に向けての出発点となる協議会になりました。

夕事勤行をおこなう参加者

夕事勤行をおこなう参加者

【速報】 「絵本ではじめる講習会」が盛岡で開催されました。

絵本を紹介する講師の岩橋淳氏

絵本を紹介する講師の岩橋淳氏

 

 「絵本でつながるお寺と子ども」をテーマに、絵本をきっかけとした子ども会の開設を奨励する青少幼年センターでは、「絵本ではじめる講習会」を2015年4月14日(火)岩手教育会館(盛岡市)を会場に開催しました。

 

 講師には、盛岡市の児童書専門店元店長の岩橋淳氏をお迎えし、書店で出あった絵本の魅力や、父親の視点からの絵本の紹介など、絵本の奥深い世界をお話いただきました。また、地元での読み聞かせボランティアの経験から、岩橋さんご自身が感動された絵本を中心に読み聞かせの実践もしていただき、参加者からは「読んでみたい絵本がたくさんできた」などの感想が聞かれました。

 

読み聞かせの実践

読み聞かせの実践