若者向け法話集 ~50のストーリー~

法話を聞きたいと若者たちは実は思っています。

仏教のお話を通じて、お坊さんであるあなたが何を考えて生活しているかを表現してみませんか?

法話をするのが難しいなぁということであれば、法話をプリントアウトして配り、参加者同士の語り合いの糸口にしてみるのはどうでしょう?

・法話者の一助として
・参加者との輪読に
・参加者への配布用として

それぞれの状況に応じて、ぜひご活用ください。

※2023年の宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要に向けて、全50話を順次アップしていきます。

【目次】

1.こころの世界(青少幼年センター研究員 佐賀枝夏文)
2.都会に出た若者へ(東京教区 海法龍)
3.「私」に真向かってくれる「掛け替えのない「子」」の声を「今」聞く(名古屋教区 髙柳正裕)

4.―エール―(大垣教区 北條邦康)
5.認めてくれること(九州教区 草野萌)


1.こころの世界(青少幼年センター研究員 佐賀枝夏文)

 わたしたちの暮らしは、良いこともつらく悲しいことも「こころの世界」のなかで営まれています。今日は、「こころの世界」について、ごいっしょに考え、味わってみたいとおもいます。…

PDF 印刷用PDFはこちら  ウェブで続きを読む

2.都会に出た若者へ(東京教区 海法龍)

 私の故郷は海と山に囲まれた半農半漁の寒村(かんそん)です。地元の小中学校で、一緒に過ごした同級生のほとんどが就職、学業で都会へ出て行きました。仲の良かったT君も高校を卒業後、大都市で就職。私も都市部の大学に進学しました。…

PDF 印刷用PDFはこちら  ウェブで続きを読む

3.「私」に真向かってくれる「掛け替えのない「子」」の声を「今」聞く(名古屋教区 髙柳正裕)

 自分に初めて子どもが誕生した時、あなたは何を感じたでしょうか。父親と母親では感じることは違うでしょうし、子どもが欲しくて努力をして、ようやく授かって喜びはひとしおということもあるでしょう。そうかと思えば、それまでの自分の人生や境遇によっては、子どもが生まれたことを、素直に喜べないということもあるかもしれません。…

PDF 印刷用PDFはこちら  ウェブで続きを読む

4.― エール ―(大垣教区 北條邦康)

 「父(母)は、お浄土に往けたよね、お浄土で会えているよね」や「お浄土から見守ってくれるよね」などの会話を耳にしたことはありませんか。あるいは、尋ねられて言葉に困ったことはないでしょうか。…

PDF 印刷用PDFはこちら  ウェブで続きを読む

5.認めてくれること(九州教区 草野萌)

 私は今、SNS(会員制交流サイト)にハマっています。毎日、自分の食べたご飯をSNSにアップしています。ハマっているというより中毒なのかもしれません。みなさんはSNSを使っていますか? 使っている方はどのように使われていますか?…

PDF 印刷用PDFはこちら  ウェブで続きを読む