お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2016年7月27日 更新

第12回世界同朋大会 ⑦南米からの便り

100_0001_2_2+

ブラジル別院南米本願寺【サンパウロ】

 BOATARDE(ボアタルジ)!!(こんにちは)

 南米開教区の中心に位置するブラジル連邦共和国。日本の約23倍もの国土を誇るこの国は、北に大西洋にそそぐアマゾン河と広大な熱帯雨林が広がり、南には南米最大の都市サンパウロや、この夏オリンピックが行われるリオデジャネイロを有するなど、多彩な地勢と個性的な街で知られています。
 建国以来世界中から移民を受け入れてきたブラジルは、ラテンアメリカ、ポルトガルをはじめとしたヨーロッパ、中近東、アジア諸国といった様々な国の人種や文化が交じり合い、情熱的なサンバに象徴されるように、国全体が活気とパワーに満ち溢れています。

 南米における真宗大谷派の歴史は、1952年にサンパウロで行われた「南米開教宣言」にさかのぼります。以降60年以上の長きにわたり、ブラジルのみならずパラグアイやアルゼンチンなど、海を渡ったご門徒の間でお念仏の教えが受け継がれてきました。南米全域に広がる30の寺院・布教所で、報恩講や花まつり、彼岸会などの法要が勤められ、大人も子どもも一緒になって、親鸞聖人のお話を聞き、大きな声で正信偈が勤められています。最近では、非日系の方々がお参りする姿も見受けられるようになりました。

 このたびの世界同朋大会で、南米から参加する私たちが、日本やアメリカの皆さんをはじめ、世界中がお念仏の教えで繋がっていることを実感できたら、ますます、ブラジルの大地にお念仏の教えが広がっていくだろうと感じています。
 世界同朋大会でAMIGO(アミーゴ)(友達)になれるのを心から楽しみにしています!

Nanbei_2+ DSCN0092+

写真日記一覧