お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2016年8月17日 更新

ハワイ開教区からの手紙 ―第12回世界同朋大会ご参加の皆様へ―

①第10回世界同朋大会写真

第10回世界同朋大会

ALOHA(アロハ)!!(こんにちは)

 常夏の島と言われるハワイは、ユーラシア大陸とアメリカ大陸のほぼ中間に位置し、海底火山によってつくられたハワイ島・マウイ島・オアフ島・カウアイ島など8つの主要な島と百以上の小島から形成されています。年間の平均気温は24度もあり、アメリカ合衆国で唯一、熱帯気候に位置する州です。

 ハワイにおける大谷派の開教の歩みは、1899年にカウアイ島に「ワイメア東本願寺」が創立されたことから始まります。海外に初めて設立された大谷派寺院です。このワイメア東本願寺に加え、現在は、ハワイ諸島の中心であるオアフ島に東本願寺ハワイ別院、パロロ本願寺、カネオヘ東本願寺が、「ビッグアイランド」と呼ばれるハワイ島にヒロ東本願寺の合計5ヵ寺で、ハワイ開教区を構成しています。

 ハワイも日系移民の世代交代が進み、今では4世~5世の方々がお寺の活動の中心となっています。日本語が話せるメンバー(門徒)も少なくなっていますが、日本の文化はとても大切にされ受け継がれてきました。夏にはハワイ各地の仏教寺院で行われる「盆ダンス(盆踊り)」にたくさんの人々が集まり、年の瀬には杵と臼でのお餅つきも行われます。日本でも見かけなりつつある風景がここハワイでは受け継がれ、多くの人々を笑顔にしています。

 今年の11月、ハワイ開教区では親鸞聖人750回御遠忌法要兼ハワイ別院100周年記念法要が勤まります。先達のこれまでの歩みを振り返り、今日の私たちまで親しまれ世代を超えて受け継がれてきた親鸞聖人の教えに感謝し、次の世代へとつなげていきたいと思います。

 このたびの第12回世界同朋大会が、日本のみなさんとお念仏の教えを確かめ、来る11月のハワイ別院100周年記念法要に向けて続く歩みとなることを心より願っています。

 MAHALO(マハロ)!!(ありがとう)

☆東本願寺ハワイ別院のホームページはこちら

②法要 ③盆踊り

法要

盆踊り

写真日記一覧