お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
 親鸞聖人讃仰講演会 LIVE配信
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2017年3月17日 更新

渉成園情報をお知らせします~印月池編~

O

今日から春のお彼岸です。寒さが少し緩んできたように感じます。
渉成園では梅に続き、カンザクラが咲き始めました。このあと、4月中旬にかけて、ヤマザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ボタンザクラと5種類の桜が次々と咲いていきます。

渉成園の敷地の1/6を占めるのが印月池。現在、水を抜いて浚渫工事を行っています。また、侵雪橋の修復作業も本格化し、橋が解体されました。印月池の南大島では(公社)京都市埋蔵文化財研究所の方が橋脚や景石がどのように据えられているのか調査されています。修理には古図や古写真などの史料調査と発掘調査など、様々な角度からの調査が行われます。従来の姿を残しつつ、現在の技術で修復がすすめられています。

3月末には一旦、池の水位を上げ、8月にまた水位を下げて工事や調査が行われる予定です。
水がない池、こんな景色はなかなか見られませんよ。
工事をはじめ、渉成園の情報を【真宗大谷派本廟部(渉成園)FB】で発信しています。こちらもごらんください。

次回は、渉成園の桜情報をお伝えします!

◇名勝渉成園保存修理事業について◇
現在、渉成園内の建造物や庭園の傷みが進行するなど、本格的な修理が必要になっており、2014(平成26)年度より保存修理事業を開始し、10年間の計画で整備を進めております。
現在、行われている整備事業についてはこちらをご確認ください。

◇開園時間◇
【3月~10月】9時~17時(受付は16時30分まで)
【11月~2月】9時~16時(受付は15時30分まで)

◇庭園維持寄付金◇
庭園施設の維持・保全のため、参観者お一人につき500円以上の協力寄付金をお願いしています。
※高校生以下は、お一人につき250円以上
500円以上お納め頂いた方には、「渉成園ガイドブック」を贈呈させていただきます。

O O

真宗本廟のお堀へ鯉も引越し

水を抜いたことで、島の土台が見えるようになりました

O 侵雪橋の橋脚

水を抜いた印月池と解体前の侵雪橋

侵雪橋の橋脚

写真日記一覧