お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2018年11月23日 更新

【報恩講写真日記③】子ども報恩講が勤まりました

01【トップ画】

 報恩講3日目の23日には、11時から16時まで「子ども報恩講」が行われ、全国から約240人の親子が参加されました。
 阿弥陀堂でお参りし、御影堂で「正信偈」をお勤めした後、和敬堂にて精進カレーのお斎の時間。
 お斎の後には藤井慈等氏(三重教区慶法寺住職)からお話があり、ジャータカ物語の「いのちの天秤」をとおして、「いのち」について子どもたちに伝え、「いのちへの“ありがとう”と“ごめんね”が“南無阿弥陀仏”なんだよ」と優しく語りかけました。
 お話の後、浄土宗の劇団ひとり 山添真寛(やまぞえしんかん)さんの「三枚のお札」の人形劇が上演され、迫力のある演技に会場は大盛り上がり。子どもたちからたくさん笑い声が上がりました。
 閉会式での木村青少幼年センター部長からの、「楽しかった人―!!」という声には、「はーい!!」とたくさんの手が上がるなど、とても楽しそうな子どもたちの顔がたくさん見られました。

 その他、11時30分からは御影堂広縁で、大谷中・高等学校吹奏楽部による演奏会が行われ、「男はつらいよ」「UFO」「あの素晴らしい愛をもう一度」など計6曲が披露され、たくさんの参拝者が聞き入っていました。
 また境内では、解放運動推進本部御正忌パネル展や大谷大学情報コーナーも開設しております。ぜひお越しください。

 明日24日は、「大乗の至極-浄土真宗-」をテーマとして、真宗教学学会講演会がしんらん交流館にて開催されます。どなたでも聴講いただけますので、ぜひお越しください。
《第26回真宗教学学会講演会》
日時 11月24日(土) 18時~20時30分(17時開場)
会場 しんらん交流館2階大谷ホール
講師・講題 ロバート・ローズ氏(大谷大学教授)
     「脱構築の歴史としての浄土教思想史―善導・法然を中心として―」
      田代 俊孝氏(仁愛大学学長)
     「真宗の教判と立教開宗」

S 03大谷中・高等学校吹奏楽部による演奏

藤井先生のお話

大谷中・高等学校吹奏楽部による演奏

04解放運動推進本部御正忌パネル展【報恩講期間中開催】2 O

解放運動推進本部御正忌パネル展【報恩講期間中開催】

大谷大学情報コーナー【報恩講期間中開催】

写真日記一覧