お知らせ

東本願寺

東本願寺について開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
渉成園ライトアップ 特設サイト
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2019年11月26日 更新

【報恩講写真日記⑥】「御伝鈔」が拝読されました

トップ

真宗本廟報恩講の5日目となる25日には、夕刻の御影堂で『御伝鈔』が拝読されました。
『御伝鈔』は正式には『本願寺聖人伝絵』といい、本願寺第3代の覚如上人が撰述された絵巻物です。
聖人の求道と、念仏の教えを広められた生涯の歩みを文章と絵で記したもので、その文章を収めたものを『御伝鈔』、絵を集めた掛幅を『御絵伝』と古くから呼びならわしており、報恩講では、御影堂内陣余間に『御絵伝』が掛けられ、『御伝鈔』が拝読されてきました。
蝋燭の灯りのもと拝読される『御伝鈔』。今年も、親鸞聖人のご生涯に多くの方が耳を傾けていました。

~お知らせ~
本日26日より報恩講最終日の28日までの3日間、「親鸞聖人讃仰講演会」が開催されます。26日の講師は赤松徹眞氏(本願寺史料研究所所長)と小川一乘氏(大谷大学名誉教授)です。
ぜひご来聴ください。
◆親鸞聖人讃仰講演会
〔時間〕18時~21時(会場17時)
〔場所〕しんらん交流館2階大谷ホール
    ※聴講無料(予約不要)・椅子席

親鸞聖人讃仰講演会のLIVE配信はこちら

1 多くの方が参拝されました 2 『御伝鈔』が運ばれる様子。後ろに掛けられているのが『御絵伝』

多くの方が参拝されました

『御伝鈔』が運ばれる様子。 後ろに掛けられているのが『御絵伝』

写真日記一覧