お知らせ

東本願寺

門首継承式・報恩講
人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2020年8月7日 更新

今年も大谷祖廟暁天講座が開講されました

宗祖親鸞聖人のお墓所である大谷祖廟では、8月1日から8月5日までの5日間にわたって暁天講座が開講されました。日中の暑さを避けた午前6時30分より、本堂において勤行の後、法話が行われました。

本年は、新型コロナウイルス感染症対策として、境内各所に消毒液を設置するとともに、マスク着用の呼びかけの徹底、受付での検温、ソーシャルディスタンスの確保、講師の演台に飛沫防止のためのアクリル板を設置、勤行の次第を変更する等の対応を講じたうえで、開講いたしました。また、大谷講(大谷祖廟奉仕団体)からミネラルウォーターが提供されました。

法話では、コロナ禍における我々の現状を踏まえ、親鸞聖人が生きておられた時代の社会的混乱に対し、聖人がどのように考え、行動をしていたのかについて語られました。法話をとおして、「これまで」の日常生活を見直す機会となり、わが身に問われる仏法に対して、多くの方々が頷いておられました。

新型コロナウイルスの影響もあり、5日間をとおして、例年に比べて少ないものの、約250名の参聴があり、それぞれがお念仏を確かめる場となりました。

なお、法話については、後日「しんらん交流館ホームページ」にて動画を公開いたしますので、ぜひご覧ください。
昨年までの暁天講座の法話動画はこちらからご覧ください。

大谷専修学院長 狐野  秀存 氏

【8/1】大谷大学教授  一楽 真 氏

【8/2】大谷専修学院長 狐野 秀存 氏

写真日記一覧