お知らせ

東本願寺

門首継承式・報恩講
人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2020年11月19日 更新

「門首継承式」「報恩講」の準備が行われました

トップ

11月21日から28日まで、「真宗本廟報恩講」が厳修されます。
「報恩講」とは、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の御命日を縁として、その恩徳に感謝し報いる法要で、真宗門徒にとって、一年の中でもっとも大切な仏事です。
真宗本廟では、親鸞聖人の御祥月命日である11月28日まで、七昼夜(8日間)にわたって法要が勤まります。

また、本年6月30日に、24年にわたり門首の任にあった大谷暢顯門首が退任され、7月1日に真宗大谷派第26第門首として大谷暢裕門首が就任されました。11月20日に、「門首継承式」が執り行われます。
「門首継承式」は、門首が、宗憲に則り門首の責務を全うすることを宣誓する儀式です。

前日となる今日は、境内各所でさまざまな準備が行われました。
真宗本廟の諸殿・建物の営繕方である「七日講(なのかこう)」の方々の協力のもと、御影堂での紫幕張り、各所への提灯台の設置などが行われ、御影堂の後堂では、仏花(ぶっか)や御華束(おけそく)が支度されました。

明日20日、10時より門首継承式が執り行われ、21日13時より真宗本廟報恩講の初逮夜が勤まります。
門首継承式・報恩講の法要の様子は、インターネットにてライブ配信を行います。
ぜひご覧いただきますよう、ご案内申し上げます。

▼報恩講の日程はこちら
▼ライブ配信についてはこちら

御影堂の紫幕張りの様子 提灯台の設置

御影堂の紫幕張りの様子

提灯台の設置

報恩講提灯 御影堂内は椅子席を設置した

報恩講提灯

御影堂内は椅子席を設置した

写真日記一覧