お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2020年11月23日 更新

【報恩講写真日記③】大谷中・高等学校吹奏楽部演奏会が行われました

メイン

報恩講3日目の23日、11時30分から御影堂広縁にて総勢51人の大谷中・高等学校吹奏楽部による演奏会が行われました。
「Make Her Mine」「木陰の散歩道」「宝島」「松田聖子コレクション」「クレイジー フォーユー メドレー」の計5曲が披露され、部員たちの曲のリズムに合わせた手拍子や動きとともに、躍動感あふれる演奏の音色が真宗本廟境内に響き、参拝者が聴き入っていました。

また報恩講期間中、両堂間廊下にて「子ども報恩講のつどい―真宗本廟に思いを馳せ、はなれていても一緒に報恩講―」と題したパネルが展示されています。
今年の「子ども報恩講のつどい」は、新型コロナウイルスの影響で全国の子どもたちが真宗本廟へ集まる形での開催ができませんでした。そこで、全国から子どもたちの写真を応募し、東本願寺をイメージする絵が描かれた大きなシートに写真を貼りつけて、それぞれの場所で、離れていても一緒に報恩講をお参りしている想いを表現した展示となっています。ぜひご覧ください。

~お知らせ~
明日24日と明後日25日は、各日16時30分より御影堂にて『御伝鈔』の拝読があります。今年は新型コロナウイルス感染状況に鑑み、24日(上巻)・25日(下巻)の二日間にわたり拝読されます。
『御伝鈔』は第3代覚如上人が撰述された宗祖親鸞聖人の伝記であり、ご誕生からご入滅後まで、親鸞聖人の求道と念仏の教えを広められたご苦労の歩みが、蝋燭の灯りのもと朗々と拝読されます。御伝鈔拝読は、インターネットにてライブ配信を行います。
◆ライブ配信はこちら

また、24日18時より「仏教の人間観―生老病死を考える―」をテーマとして、真宗教学学会講演会がしんらん交流館にて開催されます。
《第28回真宗教学学会講演会》
日時 11月24日(火) 18時~20時30分(17時開場)
会場 しんらん交流館2階大谷ホール
講師・講題 鍋島直樹氏(龍谷大学教授)
     「親鸞聖人の人間観―仏の大悲にいだかれて」
      楠 信生氏(教学研究所長)
     「帰命と生老病死」
※定員50名とさせていただきます。入場をお断りする場合もございます。
※講演会の模様は後日、期間限定で録画配信を行う予定です。(宗派ホームページにてお知らせいたします。)

演奏中のパフォマーンスの様子 離れていても一緒に報恩講!

演奏中のパフォーマンスの様子

離れていても一緒に報恩講!

写真日記一覧