お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2020年12月20日 更新

真宗本廟お煤払いが執り行われました

DSC05491

12月20日、真宗本廟にて「お煤払い」が執り行われました。
お煤払いは、毎年の年末に、一年にたまった埃を払う大掃除で、蓮如上人の時代から500年余りも続くと言われている伝統的な行事です。

例年のお煤払いは、全国から参加されたお煤払い奉仕団の方々をはじめとした約200名が、両堂の参詣席に横一列に並び、竹の棒で畳をたたきながら少しずつ前進し、舞い上がった埃や煤を大きな団扇で外にあおぎだした後にほうきで掃き掃除を行い、最後に雑巾での拭き掃除で仕上げるという手順で行っています。

しかし今年は、新型コロナウイルス感染症対策として、お煤払いにかかる時間を短縮するため、竹の棒で畳をたたく清掃は行わず、御影堂・阿弥陀堂の内陣・参詣席・広縁の、ほうきでの掃き掃除と雑巾での拭き掃除を中心に行いました。昨年よりも少ない人数ではありましたが、尾張清浄講の奉仕団の方々をはじめとした門徒や東本願寺職員など、約90名で清掃を行いました。

最後に、大谷暢裕門首が門首に就任されて初めての「御規式(おきしき)」が行われ、親鸞聖人の御真影と阿弥陀如来像の正面に貼られた紙帳の上から約3メートル長柄箒(ながえぼうき)で「寿」の字をなぞり、新たに荘厳を整えてお給仕を始める準備が整い、厳かな面持ちで一年の節目を迎えました。

また、2020年のお煤払いの様子をYouTubeで公開しましたので、ぜひご覧ください。
詳しくはこちら※東本願寺公式YouTubeチャンネルへ移行します。

DSC05513 DSC05570

畳を1枚1枚丁寧に拭き掃除

大谷暢裕門首による御規式の様子

DSC05536 DSC05511

堂内から出た埃などを拭き取ります

間隔をあけて掃除を行いました

写真日記一覧