お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2021年3月29日 更新

阿弥陀堂南側の荘川桜が満開を迎えています。

MicrosoftTeams-image (38)

東本願寺の境内、阿弥陀堂南側の荘川桜(2世桜)が今、満開を迎えています。

この桜の樹は、高山教区の荘川組・白川組(当時)の「ぜひ荘川桜を本山に寄進したい」との願いをうけて、2017年12月に植樹されました。

荘川桜とは、御母衣(みぼろ)ダム建設により沈んでしまう荘川村の桜の大木をダム湖の見える高台に移植し「荘川桜」と名付けられたと言われています。
また、荘川桜は樹齢450年と推定されるエドヒガンの古木で、そのエドヒガンの名の由来は、お彼岸であるこの季節に咲くためつけられたそうです。
その桜の実から苗を育てたものが東本願寺に植樹された「荘川桜」(2世桜)です。

この木は、植樹翌年の春から花をつけ、4年たった現在、より多くのエドヒガン特有の淡いピンク色の花びらが私たちの目を楽しませてくれています。
ご参拝の際は、ぜひお立ち寄りください。

撮影日:2021年3月26日

MicrosoftTeams-image (39) MicrosoftTeams-image (41)

阿弥陀堂の南側に咲いています

荘川桜と京都タワーの写真を撮ることもできます

写真日記一覧