お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2021年4月4日 更新

春の法要 4日目

メイン

4日午前、聖徳太子千四百回御忌(ぎょき)法要の晨朝と日中が勤まりました。
はじめに、大窪康充氏(真宗本廟教化教導・金沢教区)より法話がありました。
出家をせず在家のままで仏教に帰依し、人間の救いを追求された聖徳太子と、非僧非俗(ひそうひぞく)を名のり、民衆とともに苦しみや悲しみを共有された親鸞聖人の歩みを重ね合わせ、その教えの流れにいる自身の受け止めを話されました。

午後からは、2年後にお迎えする宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要のお待ち受け記念講演会・シンポジウムが「人・人間・衆生―人と生まれたことの意味をたずねて―」をテーマに開催されました。
はじめに、京都大学前総長の山極寿一氏より「コロナが教えてくれた人間の生きる意味」と題した基調講演をいただきました。
山極氏は、ゴリラ等類人猿とヒトとの違いを紹介しながら人類の進化史や文明史を振り返り、いま、新型コロナウイルスによってもたらされた危機によって、生活や考え方の転換の必要性を提起されました。

続いてのシンポジウムでは、一楽真氏(大谷大学教授)がコーディネーターを務め、山極氏の提起をもとに小原克博氏(同志社大学神学部長)、楠信生氏(真宗大谷派教学研究所長)により、活発な意見が交わされました。
内容については、アーカイブ配信をご覧ください。
配信はこちら

② ④

聖徳太子千四百回御忌法要の様子

シンポジウムの様子

写真日記一覧