お知らせ

東本願寺

門首継承式・報恩講
人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

写真日記

2012年9月12日 更新

鈴木大拙『英訳 教行信証』改訂版刊行報告会を開催

鈴木大拙『英訳 教行信証』改訂版刊行報告会

 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌の記念事業として、親鸞仏教センターが窓口となり取り組んできた、鈴木大拙『英訳 教行信証』改訂版がOxford University Press, INCより刊行され、9月7日(金)、真宗本廟にて刊行報告会が開催されました。

 『英訳 教行信証』は、宗祖親鸞聖人七百回御遠忌に際して鈴木大拙師(1870~1966)が宗派からの依頼により、その英訳に着手され、師の没後、東方仏教徒協会(EBS)に編集が引き継がれ、1973年、親鸞聖人御誕生八百年を記念して刊行されました。
 しかし昨今、その入手が困難な状況にあったため、広く世界に公開できるように、大拙師の著作権を管理する財団法人松ヶ岡文庫や、編集協力者の皆様の絶大なご尽力のもと、改訂作業並びに出版社との交渉を行い、今回の刊行の運びとなりました。

 御影堂での報告会では、まず、監修者である前田專學氏(東京大学名誉教授・公益財団法人中村元東方研究所理事長)から、発行までの経緯などのご報告をいただいた後、『英訳 教行信証』が安原晃宗務総長に引き渡されました。
 引き続き、応接室で懇談会が開かれ、前田氏や松ヶ岡文庫評議員である鈴木省訓氏、編集協力者の一人であるマーク・ブラム氏(ニューヨーク州立大学教授)が、宗務総長並びに江尻参務と、これまでのご苦労や本事業の意義、本書にかかる期待などについて、広く意見交換を行いました。
 本書は、10月初旬に東本願寺でも頒布を開始する予定です(4,500円・予定価格)。

   

※詳しくは、親鸞仏教センターホームページへ
http://www.shinran-bc.higashihonganji.or.jp/

写真日記一覧