真宗の教え

東本願寺

東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

宗祖としての親鸞聖人に遇う

生まれた苦しみ

(安藤 義浩 教学研究所助手)

‘look on the bright side of things' という英熟語がある。「物事の明るい面を見る、物事を楽観する」(研究社・新英和中辞典)という意味である。英英辞典では ‘to be cheerful or positive about a bad situation, for example by thinking only of the advantages and not the disadvantages'(オックスフォード現代英英辞典)と説明されている。「不都合なことは考えず、好都合なことのみを考えて、苦境に対して陽気で積極的であること」と訳せよう。これは「元気を出すから元気になれる」という考え方であり、苦しいときの心理学的な対処法といえるだろう。
しかし…、しんどいのである。苦しいときに明るい面などなかなか見られないのが現実である。たとえ明るく振る舞えたとしても、ふと息を抜いた瞬間、そんな明るさは吹っ飛んでしまうのではなかろうか。
「不都合なことは考えず、好都合なことのみを考え」る姿勢を問題にするのが仏教である。好都合・不都合を考えること自体が、自分の都合(自我執着)であり、それが苦境を招くと教える。だから、仏教の立場では、苦境において好都合なことのみを考えても、陽気で積極的になれないばかりか、かえって苦境を深めるのである。
もちろん、苦しみのどん底にあって、さらに苦しめというわけではない。近代的自我で感情をコントロールできるという思いが、人間の奢りではないかと問われているのである。無始已来のさまざまなご縁によって、一瞬一瞬この私があり得ているという「いのち」の事実に目覚めよと教えられているのである。
仏教は、生まれたそのこと自体を苦しみとする。自我で苦しむために生まれ、死すべき縁に出遇うと死ななければならない。苦しい、楽しいといった感情と全く次元が違う。「一切皆苦」であり、「地獄一定」である。

現前一念における心の起滅亦た自在なるものにあらず。

清沢満之は、「いのち」の事実に出遇い、近代的自我の限界(無効)を「絶対他力の大道」で表白している。何事も自在にならない真実に対し、頭が下がっているのである。
しかし、このように教えられても自我がなくなるわけではなく、苦しみはなくならない。自我を持った人間の性である。ここに聞法を続けることの必要性がある。聞法を通して、自我執着の存在であることを教えられ続ける、それが念仏をいただいていくことであり、宗祖のあきらかにされた仏教徒のありかたであろう。

(『ともしび』2010年5月号掲載)

お問い合わせ先

〒600-8164 京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199
真宗大谷派教学研究所
TEL 075-371-8750 FAX 075-371-8723

真宗の教え