真宗の教え

東本願寺

東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

聞

あなかしこ、あなかしこ

(難波 教行 教学研究所助手)

 蓮如上人が遺してくださった御文は二百五十通を超える。そのうち、赤本といわれる真宗大谷派勤行集には、「末代無智」「聖人一流」「御正忌」「白骨」の四通が収録されている。特にそれらの御文は通夜や法事等でたびたび拝読され、真宗門徒に親しまれている。
 昨年、その赤本をもととした『はじめてのお勤め練習帳-正信偈』(東本願寺出版)が発刊された。その編集に際し、教学研究所では四通の御文の現代語訳を考える機会を得た。いくども拝聴してきた御文であったが、翻訳はとても難しかった。それは、御文の言葉が難解であるからというよりも、上人の言葉を言い換えることで、御文が伝えている情景を、むしろ損ねてしまうと感じたからである。二葉亭四迷は『余が翻訳の標準』のなかで、翻訳するときに原文の意味だけではなく、「文調」もしくは「詩想」を移すべきと述べているが、蓮如上人の美しく力強い言葉をそのように翻訳するのは、もとより不可能といってよいかもしれない。
 翻訳しがたい言葉は多々あったが、なかでも文末の「あなかしこ、あなかしこ」は最たるものであった。他の現代語訳では「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」としていたり、翻訳せずそのままにしていたりであった。また、参照した英訳では「Respectfully(慎んで)」となっていた。
 『角川古語大辞典』によれば、「あなかしこ」は「あな」という感動詞と、「かしこし」の語幹から成り、「ああ畏きことよ、ああ慎むべきことよ」という意味の語である。蓮如上人の時代には、大別して二通りの用いられ方があり、第一には、命令や禁止など、聞き手に強制する内容を強調するための語として用いられ、第二には、手紙の文末の定型句として使われていた。前者は「かならず」「きっと」「決して」と、後者は「敬具」「敬白」等と翻訳できる。両者を合わせて考えれば、この言葉には、手紙の最後において、その内容を「かならず」「きっと」と、聞く者に念を押して伝えるという意味がある。
 しかし、御文を拝聴すると、他者に伝えるということの前に、蓮如上人自身が最も親鸞聖人の教えを聞思しているように感じられないだろうか。金龍静氏によれば、初期(寛正二年)の御文は、蓮如上人自らの信心を表白したものであり、公開・下付が予定されておらず、のちに広く門徒への公開を前提とする御文へと変わっていったといわれる(『蓮如』吉川弘文館)。この信仰告白から公開へという展開を見ても、蓮如上人は、親鸞聖人の教えと出遇えたことをよろこんでいたからこそ、その教えを伝えていったといえるだろう。御文の制作は、まさに蓮如上人における「自信教人信」のあゆみなのではないだろうか。
 御文の文末に記されている「あなかしこ、あなかしこ」という言葉の中には、そのような意味が凝縮されていると受けとめ、このたびこの言葉を「よろこんで聖人のみ教えをいただき、謹んでお伝え申し上げます」と翻訳することにした。

(『ともしび』2016年1月号掲載)

お問い合わせ先

〒600-8164 京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199
真宗大谷派教学研究所
TEL 075-371-8750 FAX 075-371-8723

真宗の教え