真宗の教え

東本願寺

東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

正信偈の教え-みんなの偈-

邪見・憍慢

【原文】
弥 陀 仏 本 願 念 仏  邪 見 憍 慢 悪 衆 生
信 楽 受 持 甚 以 難  難 中 之 難 無 過 斯

【読み方】
弥陀みだぶつ本願念仏ほんがんねんぶつは、邪見憍慢じゃけんきょうまん悪衆生あくしゅじょう
信楽受持しんぎょうじゅじすること、はなはだもってかたし なんなかなん、これにぎたるはなし


 「正信偈」は、大きく三つの段落に分けられます。親鸞聖人ご自身がこれらの段落をお決めになられたのではなく、「正信偈」の教えを学びやすくするために、後の世に工夫されたものです。第一の段落は「総讃そうさん」、第二が「経段きょうだん」、第三が「釈段しゃくだん」といわれているものです。
 第一の「総讃」は「きょう」とも名づけられていますが、「正信偈」の冒頭の「みょうりょう寿如来じゅにょらい 南無不可思議なむふかしぎこう」という二行がその段落です。ここには、阿弥陀仏が願われていることをしっかりと受け止められた親鸞聖人のお心が簡明に述べられています。二行ともに同じ意味で、「心の底から阿弥陀仏を敬い、生きるための日々の拠りどころといたします」というお心が表明されているわけです。
 順序を換えますが、第三の「依釈段」というのは、親鸞聖人から見られて、念仏の教えを正しく伝えてくださった大先輩が七人おられましたが、その七人の方々について讃えてある部分です。ここには、インド・中国・日本に出られた七高僧と、七高僧が教示してくださった本願念仏についての解釈の要点を掲げて、徳を讃嘆してあるのです。
 第二の「依経段」は、『仏説無量寿経ぶっせつむりょうじゅきょう』に依って述べてある段落ですが、この「依経段」は、さらに三つの段落に分けられています。最初の「法蔵ほうぞう薩因さついん位時にじ」という句から始まる部分が、阿弥陀仏の本願のことが述べられ、讃えられている「弥陀章」です。
 次の「如来所にょらいしょ興出世こうしゅっせ」という句からが「釈迦章」です。ここには、『仏説無量寿経』というお経を説いて、阿弥陀仏の本願について教えてくださった釈尊のことが讃えてあるのです。
 そしてその次の「弥陀みだ仏本願念仏ぶつほんがんねんぶつ」という句からの四行が「結誡けっかい」といわれていますが、これはいわば、「依経段」の結びに当たる部分です。
 これまで、この連載では、「依経段」の「弥陀章」「釈迦章」について学んできましたが、前回でもって「釈迦章」が終わりましたので、今回から「結誡」の部分に示されている教えについて確かめることになるわけです。
 ここには「弥陀仏本願念仏 邪見じゃけんきょうまん悪衆生あくしゅじょう 信楽受しんぎょうじゅじんなん 難中なんちゅうなん無過斯むかし」(弥陀仏の本願念仏は、邪見憍慢の悪衆生、信楽受持すること、はなはだもって難し。難の中の難、これに過ぎたるはなし)と詠われています。
 阿弥陀仏は、一切の衆生をもれなく救いたいという願いをおこされました。これが阿弥陀仏の本願です。そして衆生を救いとるために、阿弥陀仏は一切に等しく念仏を施し与えられました。つまり衆生は「南無阿弥陀仏」という名号をいただいているのです。
 しかしながら、衆生には、「邪見」があり、「憍慢」の心が常にはたらいています。「邪見」とは、真実に背いたよこしまな考え方です。また「憍慢」は、自ら思い上がり、他を見下して満足する心のはたらきです。すなわち衆生は、邪見にとらわれ、自分を思い高めて、阿弥陀仏が願われている願いに背を向けているのです。罪悪深重ざいあくじんじゅうの凡夫なのです。
 そのような悪衆生にとっては、阿弥陀仏の本願として施し与えられている念仏を素直な思いで受け取らせてもらい、「南無阿弥陀仏」を保ち続けることは、とてもとても困難なことであると、親鸞聖人は教えておられます。
 悪衆生が、本願を喜び、念仏をいただくことは、困難なことの中でも、最も困難なことであって、それ以上の困難はないといっておられます。「邪見」や「憍慢」が妨げとなっているからです。
 それはまた、同時に、阿弥陀仏が発された本願が、衆生にとっては容易には信じ難いほどの広い大慈心によるものであることを意味しています。そしてまた、衆生に差し向けられている「南無阿弥陀仏」が、衆生には受け止めきれないほどの深い大悲心によるものであることを意味しているのです。

九州大谷短期大学長 古田和弘

前へ第30回次へ

真宗の教え