真宗の教え

東本願寺

東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
報恩講 11月21日~28日
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

正信偈の教え-みんなの偈-

まとめ

 前回までのところで、「正信偈」の各句の教えについて、一通りのことを見ていただきました。今回は、その全体について、少し整理してみたいと思います。
 「正信偈」は、詳しくは「正信念仏偈しょうしんねんぶっけ」(正しく念仏を信ずるうた)といわれます。全部で一二〇句からなる偈文げもんですが、古くから、これを三つの段落に分けて学ばれてきました。
 その第一の段落は、「総讃そうさん帰敬ききょう」と呼ばれている段落で、「帰命無量寿如来きみょうむりょうじゅにょらい 南無不可思議光なむふかしぎこう」の二句がこれにあたります。この二句は、どちらも「南無阿弥陀仏」というお名号みょうごうを別のお言葉で表されたもので、ここには、正しく念仏を信ずるということは、どのようなことであるのか、親鸞聖人が、その教えを述べられるに先立って、まず、阿弥陀如来への帰依信順きえしんじゅんのお心を表明しておられるのです。
 第二の段落は「依経段えきょうだん」です。『仏説無量寿経ぶっせつむりょうじゅきょう』(釈尊が阿弥陀仏についてお説きになられたお経)に依って述べてある段落です。この「依経段」は、さらに細かく三つの部分に分けて見られています。
 最初の部分は「弥陀章みだしょう」といいまして、三句目の「法蔵菩薩因位時ほうぞうぼさいんにじ」から「必至滅度願成就ひっしめつどがんじょうじゅ」までの十八句です。ここには、お経にもとづいて、阿弥陀仏と、阿弥陀仏の本願のいわれについて述べておられるのです。
 第二の部分は「釈迦しゃか章」といわれていますが、二十一句目の「如来所以興出世にょらいしょいこうしゅっせ」から「是人名分陀利華ぜにんみょうふんだりけ」までの二十句です。ここには、釈尊がこの世間にお出ましになられた意味と、『仏説無量寿経』に説かれてある釈尊のみ教えに接する私たちの心構えが教えてあります。
 第三の部分は「結誡けっかい」で、「依経段」の結びにあたる部分です。四十一句目の「弥陀仏本願念仏みだぶほんがんねんぶ」から「難中之難無過斯なんちゅうしなんむかし」までの四句です。ここには、私のような邪見じゃけん憍慢きょうまん悪衆生あくしゅじょうにとっては、阿弥陀仏の本願によって与えられている念仏を、信じてたもつつことは、はなはだ困難なことであるといましめておられるのです。世の中には、困難なことがさまざまあるけれども、念仏を正しく信じて持つことは、困難なことの中の困難で、これ以上の困難なことはないと、親鸞聖人は、言い切っておられるのです。まさに私にとっては、絶望するしかない誡めです。
 ところが、その後が重要なのです。つまり、第三の段落の「依釈段えしゃくだん」です。
 「依釈段」は、七人の高僧による、本願の念仏についての解釈が示されている段落です。ここには、インドの龍樹大士りゅうじゅだいじ天親菩薩てんじんぼさつ、中国の曇鸞大師どんらんだいし道綽禅師どうしゃくぜんじ善導ぜんどう大師、日本の源信僧都げんしんそうず源空げんくう法然ほうねん)上人、この七人の高僧がたが、どのようなことを教えてくださっているのか、それを詳しく述べておられます。(この段落も、さらに細かく九つの部分に分けられますが、詳細は省略させていただきます)。
 邪見・憍慢といわれますように、身勝手に自我を尊重して思い上がっている私にとっては、本願によって、私の思いを越えて、私に与えられている念仏を、素直に信じて持つことは、絶望的に困難なことであると、まず指摘されてありました。
 だからこそ、そのような私のために、インド・中国・日本に、七人の高僧が出てきてくださって、「顕大聖興世正意けんだいしょうこうせしょうい」(大聖興世だいしょうこうせ正意しょういあらわし)とありますように、釈尊がこの世間にお出ましになられたまさしくそのお心をあきらかにしてくださっているのです。そして、「明如来本誓応機みょうにょらいほんぜいおうき」(如来の本誓ほんぜいおうぜることをかす)とありますように、何としても救ってやりたいと願ってくださる阿弥陀如来の誓願が、そのような私だからこそ、私に相応ふさわしく、私のためであることを、七高僧は明らかにしてくださっているのです。
 最後のところに「弘経大士宗師等ぐきょうだいじしゅうしとう 拯済無辺極濁悪じょうさいむへんごくじょくあく」(弘経ぐきょう大士だいじ宗師等しゅうしとう無辺むへん極濁悪ごくじょくあく拯済じょうさいしたまう)とありますが、釈尊が説かれたお経の教えを広められた龍樹・天親の二菩薩と、まことみむねを明らかにしてくださった祖師がたは、どうしようもない極濁悪の私を救おうとしてくださっているのだから、「唯可信斯高僧説ゆいかしんしこうそうせ」(ただこの高僧の説を信ずべし)として、親鸞聖人は、ただただ、これら七高僧の教えに素直に従うしかないと、私にすすめてくださっているのです。

九州大谷短期大学前学長 古田 和弘

前へ第77回

真宗の教え