参拝のご案内

東本願寺

東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
浄土真宗ドットインフォ
青少幼年センター 修学旅行生のみなさんへ

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ
東本願寺出版 読みませ専科 TOMOブック 東本願寺電子BOOKストア

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

同朋会館からのお知らせ

真宗本廟奉仕施設建設工事について

2016年4月より、同朋会館・研修道場の改修及び両施設を補完する建物である和敬堂を新築する真宗本廟奉仕施設建設工事を進めております。
建設概要はこちら(「速報 同朋会館」:2015年8月発行PDF

工事期間(予定)は以下のとおりです。

・和敬堂新築工事:
 2016年4月~2017年7月(現在工事中)

・研修道場改修工事:
 2016年4月~11月(10月31日 竣工)

・同朋会館改修工事:
 2017年7月~2018年7月

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
工事に伴い、研修道場竣工後も、和敬堂完成までの期間は、教師修練・住職修習等研修道場で行われていた研修会の内容の一部を同朋会館で行います。
また、同朋会館改修工事期間中の本廟奉仕は、研修道場及び近隣の詰所にて行います。
工事期間中の本廟奉仕受入計画については、こちらのPDFをご参照ください。

※こちらは、あくまで受入計画であり、最新の受け入れ状況をお知らせするものではありません。

工事期間中の真宗本廟奉仕について(2017年7月~2018年7月)

① 研修道場での受け入れについて

「2017年度本廟奉仕受入計画」の研修道場欄に設定された期間(黄色・赤色)において、一般団体及び後期教習を受け入れます。
※黄色の期間は「後期教習受入不可期間」となりますので、一般団体のみ受け入れます。
※赤色の期間は「後期教習優先受入期間」です。期間の半年前までは後期教習のみ予約が可能です。ただし、期間の半年前にまだ空きがある場合に限り、一般団体の予約を受け付けます。

② 詰所での受け入れについて

「2017年度本廟奉仕受入計画」の詰所欄に設定された期間(オレンジ色)において、一般団体のみ受け入れます。
内容や日程の詳細は以下のPDFをご覧ください。


広報誌「じぃん生活」

同朋会館広報誌「じぃん生活」を発行いたしました。今後年2回のペースで発行していく予定です。ぜひご覧ください。

同朋会館

1961(昭和36)年の親鸞聖人七百回御遠忌をご縁として、翌1962(昭和37)年「真宗同朋会運動」が始まりました。
この運動の中心のひとつが真宗本廟奉仕であり、同朋会館はその真宗本廟奉仕のために全国の同朋が集う場として開かれています。
本廟奉仕は、親鸞聖人がお亡くなりになった後、聖人の教えをうけた門徒がありし日の聖人のご恩に報いるために、御真影(聖人の御木像)を安置し、おりおりに集い、聖人が明らかにされた教えにふれ、寄り合い、談合されたことをもととしています。
現代のさまざまな問題を抱える私たちも、宗祖親鸞聖人の御真影の前に身を置き、その教えにあうことを通じて、ともに語り合い、人間として生きる意味を尋ねていくという、その同朋の歴史に参加してまいりたいと思います。みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

同朋会館

はなしあい(座談)

お一人から参加できる奉仕団

春の法要奉仕団 春の法要期間中に行われる、宗祖親鸞聖人御誕生会慶讃音楽法要、並びに全戦没者追弔法会に参拝し、人として生まれた尊さとともに生きあえる世界への道について考えます。
親鸞聖人御旧跡奉仕団 2017/4/18(火)~4/20(木)
親鸞聖人の御旧跡に身を運び、その生涯に学ぶことをとおして、宗祖としての親鸞聖人に出遇う縁とし、自分自身の生き方を尋ねます。
※冥加金のほか、御旧跡参加費として3000円必要です。
※団体、個人参加ともに定員に達しました。
おみがき奉仕団
彼岸会、報恩講を迎えるにあたっての両堂の仏具のおみがきを日程の中心とした奉仕団です。親鸞聖人を宗祖と仰ぎ、たずねてこられた無数の人々の歴史を体感することをとおして、真宗門徒としての歩みを確かめます。
真宗本廟報恩講奉仕団 このたび、先人たちの歩みを承け、11年の歳月をかけた真宗本廟両堂等の御修復を終え、宗門の新たな100年の始まりを告げる法要として、真宗本廟両堂等御修復完了奉告法要が勤まります。また、11月21日から28日にかけて御正忌報恩講が勤まります。各地から集われる同朋と寝食をともにし、語り合うことをとおしてこの意義深い法会をお迎えしませんか。
子ども奉仕団 毎年、夏の同朋会館は、子どもの声でいっぱいになります。お話を聞いたり、正信偈のお勤めをしたり、清掃奉仕をしたり、みんなで遊んだりします。子どもたちにとって、一生の想い出になることと思います。是非、あなたのまわりの子どもたちをお誘いください。対象は小学校4・5・6年生です。

子ども奉仕団の開催要項・日程および申し込みについては、下記の書式をダウンロードしてご利用ください。

中学生・高校生奉仕団
体験学習等で野外活動をしたりしながら、日ごろ感じている疑問などについて、本音で語り合います。普段の生活ではなかなか体験できない貴重な3日間になることと思います。ぜひ、あなたのまわりの中学生・高校生をお誘いください。
お煤払い奉仕団 両堂のお煤払いを行う奉仕団です。畳にたまった1年の埃を竹の棒と大きな団扇を使って外へ扇ぎだします。これまで真宗本廟を守ってこられた人々の願いにふれ、全国の同行とともに自身の生活の在り方を確かめます。
東本願寺に泊まって
学ぶ親鸞講座
お寺や親鸞聖人にはじめてふれてみようと思われる方々を対象にした講座です。
東本願寺(同朋会館)に泊まって生活体験をしながら、「人間を生きる」ことについて考え、語り合いませんか。

冥加金

・2泊3日 15,000円(高校生12,000円/小学生・中学生7,500円)
他に米2kg (1升4合)または米代1,300円

・1泊2日 10,000円(高校生同額/小学生・中学生5,000円)
他に米1.2kg (8合)または米代800円

※就学前児童は無料
※子ども奉仕団、中学生・高校生奉仕団は別設定

・子ども奉仕団(引率の大人の方も同じ金額です)
2泊3日 8,500円/1泊2日 6,000円

・中学生・高校生奉仕団(2泊のみ)
中学生8,500円/高校生13,000円


同朋会館受入状況


基本日程について


申し込み・申し込み書について

申し込みについて

申し込み書について

真宗本廟奉仕団の申込書をデータ化いたしました。手書き(PDF)のものと、データ入力(エクセル)のものがありますので、PDF「書類記入方法」をご参照のうえ、ご利用ください。


「合掌御膳」のご案内

団体参拝の折に、同朋会館で昼食「合掌御膳」をお召し上がりいただけます。
お申し込み方法は以下のPDFをご覧ください。


お問い合わせ先

同朋会館(研修部)

〒600-8308
京都市下京区七条通り新町東入ル新シ町121
東本願寺内 同朋会館
TEL075-371-9185 FAX075-371-9201

※教務所からもお申し込みいただけます。

参拝のご案内