お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2020年11月28日 更新

報恩講写真日記⑧ 報恩講最終日 御満座が勤まりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 真宗本廟(東本願寺)の報恩講も、いよいよ最終日、御満座(結願日中法要)が勤まりました。開門を待ちわびた方々が朝5時の開門に合わせ、御影堂へ入堂されました。
 御満座の法要に先立ち、本多弘之氏(真宗大谷派講師)による「祖徳讃嘆」があり、その後、700人の参拝者を前に大谷暢裕門首の挨拶がありました。門首は、はじめに20日に門首継承式を無事に終えたことを報告し、「本日の御正忌報恩講を新たなる出発点として、2023年にお迎えする慶讃法要、そして慶讃法要後の宗門の更なる興隆発展に向け、大谷暢顯前門の果たされた大切なお役目を引き継ぎ、世界中の人々に「南無阿弥陀仏」を届け、「四海の内みな兄弟とするなり」の同朋の輪の広がりに微力を尽くしてまいりたい」と述べました。
 御満座では、体を大きく前後左右に動かして念仏と和讃を繰り返す、真宗大谷派のみに伝わる声明「坂東曲(ばんどうぶし)」が用いられ、力強い念仏の声が堂内外に響きました。
 今年は新型コロナウイルス防止対策として、例年の半数の約30名の僧侶による、マスクをつけてのお勤めとなりました。

26日からしんらん交流館において開催している「親鸞聖人讃仰講演会」も本日が最終日です。本日は草野顕之氏(大谷大学名誉教授)と池田勇諦氏(同朋大学名誉教授)をお迎えしています。講演会は同時刻にインターネットでライブ配信します。ぜひご覧ください。

▼ライブ配信についてはこちら

➀祖徳讃嘆(本多弘之氏) ②大谷暢裕門首挨拶

祖徳讃嘆(本多弘之氏)

大谷暢裕門首挨拶

③坂東曲 ④開門(午前5時)

坂東曲

開門(午前5時)

写真日記一覧