お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2020年12月9日 更新

冬の渉成園をお届けします

MicrosoftTeams-image (4)

12月に入った渉成園では、園の南側にあるイロハモミジやイチョウの木など、秋から冬にかけての風景をまだまだ楽しむことができます。
現在は特に、丹楓渓(たんぷうけい)付近の紅葉が色ついてまだ赤い葉を残しています。
「丹」とは朱色を表す語で、文字通り、紅葉の美しい渓谷を模した一帯となっています。

他にもカリン、八朔など、冬に実をつける木々や、ナンテンやクチナシの実を食べにくる鳥の姿も見ることができ、京都の街中でありながら、自然や生き物を観察することができます。

※現在渉成園では来年の3月頃まで浚渫工事を行っており、印月池の水が44年ぶりに抜かれていますが、普段は水面下に隠れている石組の様子も見どころです。

MicrosoftTeams-image (3) MicrosoftTeams-image (1)

侵雪橋とイロハモミジ

たくさんの実を付けた八朔

MicrosoftTeams-image MicrosoftTeams-image (2)

春に花を咲かせる白木連のつぼみ

クチナシの実

写真日記一覧