お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2021年2月22日 更新

聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました

DSC06135

2月21日と22日に真宗本廟・阿弥陀堂では聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました。
大谷派では50年ごとに聖徳太子の御正当法要を勤めており、
21日は16時から逮夜法要を勤め、22日は7時からの晨朝法要、10時から日中法要を勤めました。

聖徳太子は「十七条の憲法」の中で、
一つに曰く、和らかを以って貴(たっと)しとし、忤う(さか)ること無きを宗とせよ。(略)
二つに曰く、篤く三宝を敬え。三寶とは佛と法と僧となり。(略)
と示しており、平和で争いがなく、和やかであることを大切にし、目覚めた人(仏)・真実の教え(法)・仏の教えに生きる人々の集い(僧)を敬う、という精神に基づく政治を行い、人々からあつく信仰されていたとされています。

親鸞聖人も聖徳太子を深く尊敬した一人であり、親鸞聖人が29歳の頃、20年もの間修行をしていた比叡山を降り、聖徳太子が建立したと伝えられる六角堂を訪れ、100日参篭を決意し、聖徳太子の化身といわれている救世観音から夢告を受けたと伝えられています。

また、親鸞聖人は晩年に『皇太子聖徳奉讃』(『真宗聖典』507頁~)を11首つくられ、聖徳太子への敬いの気持ちが読みとれます。
21日の逮夜法要では和讃の7首が、22日の日中法要では4首が読まれました。

春の法要期間中の4月3日と4日には、聖徳太子千四百回御忌法要をお勤めいたします。
ライブ配信を行いますので、ぜひご覧ください。
春の法要についてはこちら

DSC06130 DSC06146

綺麗に荘厳されています

大谷裕新門による焼香の様子

写真日記一覧