お知らせ

東本願寺

人生の新たなスタートを帰敬式から
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
同朋会館
慶讃法要特設サイト

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter
YouTube:真宗大谷派東本願寺【公式】チャンネル

写真日記

2021年6月3日 更新

参拝接待所ギャラリー「非戦と平等の源流をたずねて」を開催中です

MicrosoftTeams-image (109)

参拝接待所ギャラリー1階では現在、「非戦と平等の源流をたずねて」展が開催されています。

かつて戦争の時代、宗門も国家に追随して戦争に協力していく中、大谷派の僧侶である高木顕明師や竹中彰元師をはじめ、非戦と平等の願いを求めた僧侶がいました。

高木顕明師は自ら書いた『余が社会主義』の中で、念仏者として「戦争は極楽の分人(ぶんにん)の成す事で無い」と非戦論を称えました。
ところが宗門は国家に追随して、住職「差免」と「擯斥」に処し、その家族や門徒の方々にも大きな悲しみを強いてきた歴史があります。

その後、大谷派では処分を取り消し、長年に渡り放置してきた罪責を深く慙愧し、謝罪を表明しました。
それ以降、宗門の近代史の検証とその罪責に対して応答する歩みを進めています。
人間が人間として生きていくことを許さない時代を繰り返さないために、非戦・平和、平等の願いに生きるとはどういうことか、生涯を通してたずねてこられた高木顕明師、竹中彰元師などの事績を展示を通して紹介しています。

■「非戦と平等の源流をたずねて」展 ■
期 間 2021年5月20日(木)~2021年7月25日(日)
時 間 9:00~16:00
会 場 参拝接待所ギャラリー1階
※入場無料

MicrosoftTeams-image (105) MicrosoftTeams-image (106)

高木顕明師についてのパネル

当時のご門徒の方が書かれた「嘆願書」など様々な資料のパネルも展示しています

写真日記一覧