お寺で若者との出あいの場をつくろう!

「一人の若者を誘って共に聞法の座につく」

仏教青年会や青年教化というけれど、“青年”という言葉って、かたいイメージや男性のみの集まりのイメージがあったりします…。

しかし、青年という言葉を「若者」と置き換えてみたら、そのイメージはどうでしょう?

若者と出あい、共に教えに聞く場を開いてみませんか?

青少幼年センターでは「若者教化プロジェクト」を立ち上げ、若者世代への教化を推進する取り組みをすすめています。

1 若者向け法話集~50のストーリー~
〈参加者との法話・座談・配布用に活用ください〉

2 若者教化立ち上げ応援プロジェクト
〈あなたの若者教化の想いを形にする応援をします!〉

3 若者教化Q&A
〈あなたの疑問にお答えします〉

宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要(2023年3月25日~4月29日)を機縁として、あなたの想いを形にする若者教化サポート事業をおこなっています。

若者教化立ち上げ応援プロジェクト(2019年度~2022年度)

お寺などで若者教化の場を立ち上げていきたい想いを青少幼年センターにお伝えください。その想いを形にするための企画を一緒に考える寺院活性化支援員の派遣、当日スタッフの派遣、運営経費を一部補助いたします。

「立ち上げ応援プロジェクトの願いと、応募からの流れを動画にしました。ぜひご覧ください」

【立ち上げ応援プロジェクトPR動画】

URL:https://youtu.be/u4Rse2qU8sM

【募集要項】
①対 象 寺院、組、有志の会(真宗大谷派僧侶・門徒によるもの)
②募 集 70会所(2019年度~2022年度)
③内 容 
・若者を誘って行う聞法会や法要行事等に補助をいたします。
・必要に応じて、寺院活性化支援員が事前相談に伺い、状況に合わせた方法を共に考えます。(事前相談に係る寺院活性化支援員派遣費用は、本山にて負担します)
・事業の講師・当日スタッフ等の経費を補助します。(1会所 上限55,000円)

※青少幼年センターでは、「若者」を19歳以上おおむね35歳までの世代のイメージで考えています。(宗祖親鸞聖人の歩みをふまえて、19歳の磯長の夢告に象徴される若き日の苦悩から、御流罪を縁として一人の仏教者として立っていかれた35歳に重ねて考えてみました)
ただし、対象年齢にこだわるというよりも、まずは同世代や友人を中心とした話しやすい場の雰囲気が大切だと考えています。あなたの身近な若者との寺院での集まりを考えてみましょう!

若者教化でお困りの際は、お気軽に青少幼年センターまでお問い合わせください。
電話 075-354-3440  E-mail oyc@higashihonganji.or.jp